春日大社
春日大社・南大門        (4)訪れる外国人観光客

  春日大社は 世界遺産に 登録されていますので、多くの 外国人 観光客が
  訪れています。

  外国人同士の 数人の グループもいれば、日本人を 交えた グループで
  楽しそうに 説明を 受けながら 歩いてゆく人々も います。

  子鹿が 脇道から 顔を出すと 皆一様に 表情が ゆるんで、立ち止まります。
     こういった場所は チョット 珍しいんでは ないでしょうか…
                 
     
若宮神社の前で

   あるとき、摂社の 若宮神社の前で お参りしていましたら、英語の説明を聞く 外国人団体客 の輪から
   一人離れて こちらへ 来る人が いました。

     英語や 風貌の感じからしてアメリカ人?

   手に持ったカメラで、立て替えの すんだばかりの 鮮やかな朱色の 鳥居や 瑞垣(みずがき)の写真を
   立ち止まっては 撮り、立ち止まっては 撮り 歩いてきます。

      そして 拝殿の 真っ正面から まっすぐ カメラを 構えたので、声を かけました。

       こちらを 向いた 彼は 意外と 年配の人。
     そして 夢見るような目を しています。 「 It's beautiful… 」
       あまりの 美しさに 感動して、私も 同じ思いで 声をかけたと 思ったのでしょう…。

   でも、「 NO PHOTO 」 の注意書きに 気づくと、カメラを 下ろして 笑顔で、「 Thank you 」 と こちらの肩を
   軽くたたいて グループの輪の方へ 戻っていきました。

   ガイドの 話よりも、社殿の美しさに 心動かされて 思わず 近寄ってきたんでしょうね。
   何より こちらを向いたときの 彼の夢見るような表情が 忘れられません。

   多くのアメリカ人の 日本に対する印象が どうであれ、少なくとも この人は 胸の内に ここでの感動を
   忘れないでいてくれるように 思いました。
    

    旬祭に参加した女性

  また 別のとき、旬祭というお祭りに 参加されている アメリカ人女性の方が おられました。
  神職の方が 着るような 白い衣装を着て、他の神職の方と 並んで ローマ字で
  書かれた のりと (大祓詞) を 一緒に…
 
  あとで その方が お話ししてました。
 「 私は東海岸で 会社役員として キャリアウーマンとして ビジネスの毎日です。
  一方で、さまざまな 東洋の考え方を 探求してきました。

  日本の神道は 自然との共生や 古くからのいいものを 伝えています。

  誇りをもって 子供たちにつたえてください。
  日本の伝統(と神道)の素晴らしさを 」 と。

  きちんとした話しぶりからして、宗教に傾いている人でないのは 明らかでした。

     舞楽などの 紹介イベントを 予定しているとのことでした。
    あまり知られていませんが、舞楽・雅楽は 海外にも よく紹介されていて、
    とくに ドイツではちゃんと理解して 熱心に聴いてくれるらしいです。

  かえって 外国人の方が、神社や その考え方について、政治的な面と、
  文化、精神的面に きちんとわけて 理解されているのかもしれないと
  思いました。

  日本人の場合、かえって 身近すぎて、わかっているつもりに なってるか、
  または 古くさいものと考えて それ以上 知ろうと しないのかもしれませんね。

  また、同じ日本でも 生まれ育った地域によって 環境や考え方が 違うことも
  あるかもしれません。
春日大社・若宮神社と八房藤(やつふさふじ)
 
 と、ここまで書いていたら 河合隼男さん (文化庁長官でしたっけ) の 世界遺産に関する講演が
 NHKで 放送されていました。

  「 那智の滝を見て思わず拝む。これは滝の水、崖、流れていく川の水のどれが神かということではありません。

  雄大な滝を見たときに 思わず 畏れおおいものだと 心が揺り動かされる。
  その景色と 自分の感動の心と 両方の関係であって、これが 『 自然とつながる 』 ということです 」

  このへんが古くからの日本人の神や自然に対する考え方だったのかもしれませんね。

    そういえば、社務所に置いてあった書籍にありました。

   「神とゴッド」 「お祭りとフェスティバル」 は 同じではありません…
   ニュアンスや 考え方が 違うので ひとことでは 訳せられないものです…と。

   もし外国人に説明するなら、もし外国語に訳そうとすれば…と考えれば、自分の ” 感じ ” もはっきりするかも
   しれないですね。



         この旬祭の日は、雨上がりの檜皮葺の屋根から、 

         日に照らされて蒸発する水蒸気が 湯気のように立ち上り、

     そのこげ茶色の屋根の端に 鮮やかな黄色のキセキレイが留まって

         きれいな鳴き声を 聞かせてくれていました。


  ・春日大社 http://www.naranet.co.jp/kasugataisha/  (世界遺産)



SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー